2008年01月05日

機能追加のお知らせ

 FXに関するニュースを配信してくれるブログパーツを見つけたので、右上に追加してみました。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 01:29| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

スワップ金利って何?

 スワップ金利って何でしょう?
 経済情勢によって各国それぞれで金利が違います。
 金利が低い方の通貨を売り、金利が高い方の通貨を買うとこの金利差分の利益を得る事ができます。
 何もしなくても、持っているだけで日々金利が溜まっていきます。
 逆に金利が高いほうの通貨を売り、金利が低いほうの通貨を買うと日々この金利差を払い続けなければなりません。
 持っているだけでお金が減っていきます。
 このスワップ金利は毎日見直され、金利も毎日計算されます。

 2007年現在、日本の金利は悪名高いゼロ金利政策のせいで、非常に低いものになっています。
 おかげで預貯金をしても利子が付かず、皆さん大変苦労されているわけですが、FX取引をする分にはこの低金利が有利に働きます。
 日本ほど金利が低い国はほとんど無いので、どこの国の通貨を買っても大体の場合はスワップ金利を受け取る側になれます。
 FX取引は為替変動のリスクがありますが、もし大きな為替変動が無く安定した相場なら、何もしなくても大きなスワップ金利を受けとリ続ける事ができます。
 持っているだけで日々資産が増え続ける、こういうものって他に無いのではないでしょうか。
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 15:59| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レバレッジって何?

 レバレッジって何でしょう?
 ちょっと調べたところ、最初に預けたお金の何十倍・何百倍もの金額の取引が行えること、だそうです。
 レバレッジ効果、という言い方が正式なようです。
 最初に預けた証拠金を担保に、その数十倍以上の金額の取引をして大きくなった額の取引で得た差額を利益として得る、ということが可能です。
 逆に損をした場合もその分大きくなります。
 損失の方は証拠金から直接引かれていき、足りなくなるとさらに要求される事もあります。
 取引業者によっては急激な為替の変動に対して大きな損失を出さないように、あらかじめ一定額以下になったら取引を停止してリスクを最小限に留めるという、安全装置が付いている場合もあるようです。
 なおレバレッジは「何倍」という表現で表されるようです。
 元の証拠金が1万円でレバレッジ100倍だと、額面100万円分の取引ができます。
 例えば買った通貨が10%値上がりすると、元の金額が1万円ですがレバレッジの信用取引分が100倍付いているので、100万円分の取引で10%増の110万円分に増え、差額の10万円から手数料などを引いた額が利益になります。
 元手1万円で10万円の利益…ということになります。
 逆に10%下がった場合は100万円分が90万円分に下がり、その差額10万円が損失になります。
 元の証拠金が1万円だった場合、損失の10万円からその一万円を引かれ、さらに残りの9万円を新たに請求されてしまいます。
 ですが、先ほど述べた安全装置をあらかじめ機能させておけば、リスクが最低限に回避できます。
 10%下がるのを待っているのではなく、1%下がったら取引停止と決めておけば100万円分が1%下がった99万円分になった時点で取引停止、損失の1万円を証拠金から払って終わり、です。
 もちろん証拠金の1万円を失えば、また新たに証拠金を払わなければ新しい取引は行えませんが、あらかじめ設定した額以上の損失を回避する事はできます。
 またこのレバレッジの倍率も何倍にするかは、あらかじめ投資家側で決めることができるようです。
 レバレッジ100倍は金額が大きすぎて怖いので10倍ぐらいにしておこう、という選択もあります。
 株式投資と比べてハイリスクハイリターンですが、そのリスクとリターンの大きさを自分で調節できるのも魅力です。
 なれないうちは小さなレバレッジで小額で小さく始めて、慣れてきたら徐々に大きくしていくこともできるでしょう。
 株式投資と比べると、元手1万円で10%値上がりしても利益は千円です。10%値下がりすると損失も千円です。
 しかし、FX取引なら10%の値上がりで10万円・元手の10倍の利益を上げることも可能です。
 反面、値下がりした場合の損失も大きいですが、損失回避を設定すれば元手を失うだけで済ますこともできます。
ラベル:レバレッジ FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 15:44| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

買える銘柄が資金に左右されない

 FX取引は外国為替の取引なのだから、手持ちの金額の大小で買える銘柄が限られる事は無いはずだ。
 株式投資だと、優良企業の株価は高いので、最初の資金で数十万円必要というケースも多い。
 手持ちのお金が5万円以下だったら、買える銘柄は上場企業の中でも数十社に限られてくる。
 資金力=選択肢の数
 という図式が成り立つ。
 お金が無いと買いたくても買えない、ということが起きる。
 FX取引ではそれが無いはず。
 1万円から始められるそうです。
 お金持ちもそうでない人も選択肢の条件は一緒ですね。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:34| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対象銘柄が少ない

 FX取引は外国為替が売買対象なので、選択肢が少ない。
 株式投資は上場企業が1000社以上。
 全てを見比べるのは時間的にも難しいだろう。
 でもFX取引なら、そこまで選択肢が広くは無いはずだ。
 主だった通貨を上げても10個ぐらいだろうか?
 いくつ挙げられますか?
 米ドル、ニュージーランドドル、オーストラリアドル、ユーロ…
 あまりたくさん挙げられない。
 これくらいの数なら、全てチェックするのも簡単なはずだ。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:27| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売買対象が外国為替であるということ

 FXでは売買の対象が外国の為替、通貨だ。
 株式投資の場合は倒産したり上場廃止になったりしたら、持っている株は紙くずになってしまうが、為替の場合はそれはないはずだ。
 その国がこの世に存在する限り、通貨の取引ができなくなることはないだろう。
 これは株式投資には無いメリットかもしれない。
 危険なのは経済の混乱による通貨の暴落だが、そういう場合はニュースになるだろう。
 株式投資の場合、注意していないとそういうニュースは入ってこないが、FX取引なら、普通のニュースでもTOPニュースかそれに近い扱いになるはずだ。
 非常時にはすばやい対応が求められるが、ニュースを見ていれば危険がわかるのだから、かなりの損失が出ても最悪の事態は免れることができるだろう。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:21| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取引時間

 取引時間は24時間。
 株は一日の内、市場が開いている時間は限られているが、FX取引は24時間いつでもできる。
 時間に縛られず好きな時に行えるのはメリットだが、それってつまり知らないうちに相場が変動している事もあるってことだ。
 株ならば取引時間にだけ気を配っていればいいが、FXはそうはいかない。
 寝ている時も、食べている時も、トイレに入っている時も、相場が変動してしまう。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:13| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこで取引ができるのだろう?

 FX取引はどこで売買ができるのだろう。
 株の場合は証券会社だが…
 証券会社でも扱っているし銀行でも扱っているようだ。
 もちろん全ての会社が扱っているわけではないだろうが、FX取引の扱い業者は増えているらしい。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:07| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引とは…

 FX取引とは「外国為替保証金取引」のことである。
 一定の保証金を担保に、その保証金の何十倍もの金額の取引をすることができる信用取引だ。
 株式投資よりも先物取引に近いようだ。
 少ない投資で大きなリターンを得る事ができる反面、失敗した時のリスクも大きい。
 株よりもハイリスクハイリターンのようだ。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 03:04| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

現在、知っていること

 FX取引について現在私が知っていること。
 ・正式名称が「外国為替証拠金取引」であるということ。
 ・元手となる証拠金を預け、それを担保として預けた証拠金以上の金額を取引し、利益を上げる取引である、ということ。
 ・取り扱うのは外国為替である、ということ。

 これくらいでしょうか(笑)
 新聞などを読んでいれば何となく分かるような事ばかりです。
 FX取引の知識量としては、一般人レベル…もしかしたらそれ以下かもしれません(笑)
 そんな人間が始めたブログです。
 難しそうと気負わずに、お気軽にご覧下さい。
 一緒に勉強していきましょう。
 目指せ、みんなでお金持ち!
 末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いします。
ラベル:FX
posted by 投機屋(見習い)レンレン at 22:20| Comment(0) | 勉強ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする